2016年12月04日

お知らせ

御閲覧誠に有難う御座います。
続編は、下記サイトに統合し引き継ぎますので、
宜しくどうぞお願い申し上げます。
「楽団長のレトルトカレー図鑑」
http://ameblo.jp/gakudancrescent/
2016/09
管理人:楽団クレッセントの楽団長

れと図カバーの写し101.PNG

サムラーと野菜101.JPG



【リンク集:華麗なる頁達の最新記事】
posted by 楽団クレッセントの楽団長 at 12:19 | 東京 ☀ | Comment(0) | リンク集:華麗なる頁達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月10日

渋谷:「咖喱ばか三級」

咖喱ばか三級101.JPG
左キーマと枝豆、真ん中スパイスライス、右海老。
近年頂いたカレーの中では一番美味かったのでした。インド料理屋のカレーを凌駕する、日本人の印度カリー。赤いグレイビーの海老カレーが特にお気に入り。さすがはテレビチャンピオン準優勝者のカレーですね。
10月末昼時、渋谷にて、超路麺通ケビンさんのお誘い催し会。有難うございます。
咖喱ばか三級201.JPG
posted by 楽団クレッセントの楽団長 at 07:44 | 東京 ☀ | Comment(0) | 食紀行:カレー(首都圏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月06日

プリングルズ「グリーンカレー味」

ぷりぐりかれ101.JPG
【製品情報】日本ケロッグ、マレーシア原産、¥132-@セブンイレブン201509、201610期限。
【解 説】全然グリーンカレーでもなければ、カレーでもない。一寸吃驚。

posted by 楽団クレッセントの楽団長 at 09:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | 図説:楽団長のカレー図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月18日

「カレー油そば」(カレーワールド/2014)

カレー油そば101.JPG
凄いな此れ。一体何だったんだろう?…昨年頂いて箱だけ取っておいたものを発掘したのだが、内容については全く思い出せない。うーん、失敗したなァ。完全に忘却の淵。
此れで値引き後特価:518円/二人前。高い…。
「お店の味」ってなんだろー?とまれ、北海道らしい製品ではある。

【製品情報】
株式会社ピー・アンド・ピー(カレーワールド)(札幌市)、2人前、定価不詳▲¥?=値引き後特価¥518-@スーパー大丸ピーコック.東京都下、2014/12期限。
カレー油そば201.JPG

カレー油そば301.JPG
posted by 楽団クレッセントの楽団長 at 07:23 | 東京 ☁ | Comment(0) | 図説:楽団長のカレー図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月02日

熊本県宮地:「赤牛カレーパン「ボルケーノ」辛口」(林檎のはな@阿蘇神社参道)

阿蘇神社101.jpg

赤牛カレーパン「ボルケーノ」辛口¥300-。
【と き】2015/07下旬
【ところ】阿蘇神社参道のお店.宮地、熊本県

【記 事】
追憶の熊本見聞録。感激の都度揚げカレーパンは超熱々、そしてグレイビーが真っ黒。後から身体にじわっとくる辛さ。灼熱下、ビールがあっという間に消え、酒は産山村…新潟ともまた違った感じの米の旨味味わいが美味しい。

此のショウケースのを受注次第揚げて呉れる。
阿蘇神社201.jpg

阿蘇神社301.jpg
posted by 楽団クレッセントの楽団長 at 10:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | 食紀行:カレー(地方>西日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月05日

「激辛ピリカレー」¥108-@100円ローソン。

激辛ぴりかれー101.JPG
辛過ぎて喰えんわ。ちなみに右奥の「雪の松島」も超辛。呑めんわ←嘘ウソ。
さて置き激辛煎餅、裏ジャケの殺し文句「通常品とは比べ物に為らない程の辛さに仕上げました」…まるで吉田戦車の世界。
【製品情報】
天狗製菓株式会社(京都市)、90g、¥108-@100円ローソン.都下.2015/07、2015/09期限。
激辛ぴりかれー201.JPG
posted by 楽団クレッセントの楽団長 at 07:13 | 東京 ☔ | Comment(0) | 図説:楽団長のカレー図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特集:室蘭カレーラーメン(+番外:苫小牧カレーラーメン)-add2

室蘭カレーラーメン製品×3+苫小牧×1:2008年夏季-2010年01月。追加製品×1:2010年夏季。 
更新履歴
org:2010年02月18日
add1:2010年09月19日
*1-4に冷凍版を追加掲載。
*タイトル及びイントロダクションに加筆。本編に若干の加筆編集。
*目次を追加。
add2:2015/07/05
*「楽団長の活動日誌」記事を移転復旧-メンテナンス。文末リンクを削除。

add1:2010年09月19日
*目次を追加。
【目次】
1. 特集:室蘭カレーラーメン(全4製品)
1-1. 室蘭地球岬「カレーラーメン」(冷蔵生麺タイプ)
1-2. 室蘭カレーラーメン「カレーつけ麺」(冷蔵生麺タイプ)
1-3. 「室蘭カレーラーメン」(インスタント麺タイプ)
1-4. 「室蘭カレーラーメン」(冷凍食品)
2. 番外:苫小牧カレーラーメン(全1製品)
2-1. 味の大王 元祖「カレーラーメン」(生麺冷蔵タイプ)
3. 編集後記
筆者による考察等

 
org:2010年02月18日


1. 特集:室蘭カレーラーメン(全4製品)

■■1-1. 室蘭地球岬「カレーラーメン」(冷蔵生麺タイプ)

100218_mrrn_mrmn_crrmn_pk_web.jpg 100218_mrrn_mrmn_crrmn_sp_web.jpg

■購入データ
【商品名】むろめん/北海道室蘭地球岬「カレーラーメン」
【購入時期】2010/01/**
【賞味期限】2010/02/05
【購入場所】イトーヨーカ堂
【販売価格】¥498▲40%=¥298-
【製造者】(株)室蘭製麺:北海道室蘭市日の出町
【内容】生麺ラーメン、カレーラーメンスープ。各2食分。

■画像-1:左上画像=パッケージ表面
◇表記、左上から
むろめん/北海道室蘭地球岬/カレーラーメン/スープ付/2食入
◇左下のシール概要
むろめんのHP案内:http://www.muromen.com
◇右上イラスト表記
地球岬
■画像-2:右上画像=添付スープパッケージ表面
◇表記
室蘭地球岬/カレーラーメンスープ
100218_mrrn_mrmn_crrmn_bk_web.jpg 100131_mrrn_mrmn_crrmn_men_web.jpg
■画像-3:左上画像=パッケージ裏面抜粋
◇表記
・室蘭地球岬カレーラーメン
・室蘭焼き鳥に次ぐ第二の室蘭の味としてにわかに盛り上がっているカレーラーメン。
その歴史は30年以上と古く、室蘭市民にとっては馴染みの深い味となっています。
「ほんのり甘くて、ピリッと辛い」室蘭の定番の味カレーラーメンを、是非ご家庭でご賞味下さい。
■画像-4:右上画像=完成図
◇完成図
調理後の鍋内。
◇内容:食後のメモ
麺は太麺、コシが好く美味い。
スープは黒胡椒と思われる辛味をフィーチャー、ヒリ辛。若干のトロミ。味的には悪くはない。
今回は敢えて具無しで製品調理後其のままを食してみたのだが、やはりネギなどの薬味や具材が欲しくなる、濃い目の味わいである。



■■1-2. 室蘭カレーラーメン「カレーつけ麺」(冷蔵生麺タイプ)

100218_mrrn_mrmn_crtkmn_pk_web.jpg 100201_mrrn_mrmn_crtkmn_sp_web.jpg

■購入データ
【商品名】むろめん/室蘭カレーラーメン熱々スープで「カレーつけ麺」
【購入時期】2010/01/**
【賞味期限】2010/02/05
【購入場所】イトーヨーカ堂
【販売価格】¥498▲40%=¥298-
【製造者】(株)室蘭製麺:北海道室蘭市日の出町
【内容】生麺ラーメン、カレーつけ麺スープ。各2食分。

■画像-1:左上画像=パッケージ表面
◇表記、左上から
・むろめん/北海道室蘭地球岬ラーメン/「室蘭カレーラーメンの会 会員」
・室蘭カレーラーメン/熱々スープで/カレーつけ麺
・※ロゴは下記御参照
・北海道産ホタテエキスと魚粉を効かせた熱々の濃厚カレースープに
冷たくひやした中太ちぢれ麺!
・要冷蔵/なま/スープ付/2食入
◇右上イラスト表記
地球岬
■画像-2:右上画像=添付スープパッケージ表面
◇表記
室蘭地球岬ラーメン/カレーつけ麺スープ
100218_mrrn_mrmn_crtkmn_bk_web.jpg 100218_mrrn_mrmn_lg_web.jpg
■画像-3:左上画像=パッケージ裏面抜粋
◇表記
・カレーつけ麺
・カレーの風味とスパイスが豊かなつけ麺スープ。
北海道産ホタテエキスがスープに旨味と風味を加え、ベースにはチキンとポークエキスを加え、カツオと煮干の魚介粉末が麺によく絡む「カレーつけ麺スープ」。
味わい深い熱々のカレースープに冷たくひやした麺を絡めてお召し上がりください。
■画像-4:右上画像=パッケージ表面左白ロゴ部抜粋
◇表記
室蘭カレーラーメン/めんばる君



■■1-3. 「室蘭カレーラーメン」(インスタント麺タイプ)
080914_mrrn_crrmn_nissin_web.jpg■購入データ
【商品名】日清のラーメン屋さん「室蘭カレーラーメン」
【購入時期】2008/夏季
【賞味期限】不明
【購入場所】大丸ピーコック
【販売価格】5個パッケージ特価品=¥不詳-
【製造者】日清食品(株):東京都新宿区
【内容】揚げ麺ラーメン、粉末ラーメンスープ。

■画像-1:右画像=パッケージ表面
◇表記、左上から
・NISSIN/日清のラーメン屋さん/めんはプチっと太ちぢれ麺!
・室蘭カレーラーメン
※其の他不詳。
◇右下ロゴ部
上記1-2>画像-4と同様の「室蘭カレーラーメン」の表示が認められる。



add1:2010年09月19日
*1-4に冷凍版を追加掲載。

■■1-4. 「室蘭カレーラーメン」(冷凍食品)
100917_mrmn_frz_pk.jpg
■購入データ
【商品名】ニッスイ「室蘭カレーラーメン」
【購入時期】2010/**/**
【賞味期限】2011/03/19
【購入場所】イトーヨーカ堂
【販売価格】¥忘却不詳-
【製造者】日本水産株式会社 姫路総合工場
兵庫県姫路市白浜町字佐崎南…
【内容】冷凍麺ラーメン、具入りスープ。各1食分。

■画像-1:上画像=パッケージ表面
【表記】
◇上部、左より
・(ロゴ)「ニッスイ」
・(青枠内)「我が家の麺自慢」「ゆでたて麺のおいしさと / 食べごたえのある具がたっぷり」
◇中央部商品名部
・「室蘭カレーラーメン」
・(台詞)「やみつきになる旨い味 / 室蘭カレーラーメンさ」
◇左下部ロゴ部
・(黄ロゴ)「室蘭カレーラーメン」
・(赤枠内)「室蘭カレーラーメンの会 / 監修」
・「1人前(410g)」、「冷凍食品」

100917_mrmn_frz_bk.jpg■画像-2:右画像=添付スープパッケージ表面
【表記】
◇左部上
・(タイトル)「室蘭カレーラーメンの会とは…」
・(本文)「室蘭カレーラーメンを全国にPRして、札幌の味噌、函館の塩、旭川の醤油に次ぐ、北海道第4の麺を目指して発足しました。
・ロゴ、URL省略。
◇左部下 
・(タイトル)「おすすめ! / シメのスープごはん」
・(本文)「ラーメンを楽しんだ後は、残ったスープにごはんを入れてもおいしいです!」
・(テキストなし)ライスインの画像
◇中央部
・(縦書き)鍋専用
◇右部
・省略

■記事
【解説】
御馴染み「室蘭カレーラーメンの会」のロゴや説明文が見られる。
【感想】(実食:2010/08、画像なし)
流石は冷凍麺の品質か、麺がうまい。
スープはまあまあのカレー粉風味か。具材入りスープの具材は、コーンの黄、人参短冊の赤。其処に自前盛り付けの万能ネギの緑が加わり、彩り鮮やかだった。




org:2010年02月18日


2. 番外:苫小牧カレーラーメン(全1製品)

■■2-1. 味の大王 元祖「カレーラーメン」(生麺冷蔵タイプ)
100218_daiou_crrmn_bx_web.jpg 100218_daiou_crrmn_bxalt_web.jpg

■購入データ
【商品名】味の大王/元祖「カレーラーメン」
【購入時期】2010/01/**
【賞味期限】2010/02/04
【購入場所】イトーヨーカ堂
【販売価格】¥598▲40%=¥358-
【製造者】(株)菊水:北海道江別市工栄町
【内容】生麺ラーメン、カレーラーメンスープ。各2食分。

■画像-1:左上画像=箱パッケージ表面
◇表記
・創業一九六五年/味の大王/元祖カレーラーメン/北海道苫小牧総本店
・2人前/なま
■画像-2:右上画像=箱パッケージ側面
◇表記(中央英語部のみ抜粋)
・established 1965/Daiou Curry Ramen
※其の他は下記御参照。
 100218_daiou_crrmn_bxsd2_web.jpg
■画像-3:左上画像=箱パッケージ側面左側抜粋
◇写真
トッピング〜具材にチャーシュー、長ネギスライス、ワカメ、もやしが認められる。
◇表記
調理例
100218_daiou_crrmn_pf_web.jpg■画像-4:右上画像=箱パッケージ側面右側抜粋
◇表記
一度食べたら病みつきになる深いコクと旨味のスープは、試行錯誤の上に完成された味。
至福の一杯をお召し上がりください。
■画像-5:右画像=添付のしおり表面図
◇表記
・カレーラーメン発祥の地北海道・苫小牧から美味しさ込めて
・元祖/味の大王/カレーラーメン
・(左下円内)元祖・カレーラーメン・苫小牧発/創業1965
◇しおり内容(画像無し)
・説明文引用
---
「北海道・苫小牧名物/味の大王 カレーラーメン40年の伝統」
時は1965年(昭和40年)春、北海道・苫小牧にある”味の大王”でカレーラーメンは誕生した。
一般サラリーマンの月収は15,000円から30,000円/ラーメン1杯35円から50円の時代/
札幌の味噌ラーメンブームを背景に/大王の看板メニューを模索していた先代店主 高橋一郎は、一般大衆食として人気の高いカレーライスとラーメンの美味しさを、ひとつの味にできないかと考えた/
”そうだ!カレーラーメンを作ってみよう!!”

発売当初は際物だ、邪道だと散々言われ、全く売れなかった/
しかし、どんなに批判されようとも/他にはない大王の「カレーラーメン」を、先代はメニューとして上げ続け/
今では半数以上のお客様に「カレーラーメン」を注文して頂けるようになった

先代のたゆまぬ努力が、生誕40周年にしてやっと報われた/
先代が創り、守り続けたこの味は、/どんなラーメンに勝るとも劣らない/北海道・苫小牧の味。
この味をいつまでも作り続け、全国に「味の大王 カレーラーメン」を/発信し続けていこうと思う

味の大王 店主 高橋 浩一
---
・調理法解説
省略



 
3. 編集後記

■■記事
【筆者による考察等】
2008年、上記記事1-3日清の袋麺=インスタントラーメンとの出会いによって、其の存在を知る事となった「室蘭カレーラーメン」。
当時ネット上で窺ってみたのだが、半ば町おこしにも似た努力の垣間見られる事が印象的だった。
其れにつけても、北海道という土地は、何かとカレーに縁深い様で、「少年よ大志を抱け」のクラーク博士の有名な「らいすかれいは…云々」の一節から、函館五島軒の洋食カレー、近年東京でのブームも記憶に新しい「札幌スープカレー」から、食品メーカー主導と思われる北海道ホワイトカレー等など…。
そして室蘭で今度はカレーラーメンと来た。
更に今回の発見で、苫小牧でも「元祖」カレーラーメンと来たではないか。
流石は北海道だ。

2010年現在、ご当地的な名物をカレーの類に求める事象は全国的に見られる。
近年では北陸の「やさたまカレー」や博多の「焼カレー」が印象的だ。「焼カレー」は首都圏の料理店が取り入れたりする程迄の認知度に至っている。
ところが、茨城は土浦の「土浦カレー」。
こちらに至っては、1ベクトルのカレースタイルとしてではなく、「カレー料理全般〜とにかく土浦はカレー」という広義な視点で臨んでいるところが珍しく、実に楽しいながらもよく解らない。土浦から独特のカレー料理を発信するのではなく、土浦に於ける飲食業界自体がカレーをブーム的に盛り上げ、土浦自体がカレーのテーマパーク然としている様相とも云えよう。特産物?の蓮根をカレー料理に取り入れる事がテーマのひとつである模様だ。しかも驚くべきは、奇想天外なカレー料理〜製品が連なるから、実に面白く興味深い現象でもある。
此れについては、フィールドワークに降り立った別記事に改める予定。

カレーでブームと云えば日本の一般市場。
此処2〜3年のカレー鍋ブームは、鍋自体のブームとも相まり、この冬も盛況だろう。

さて、本記事製品の方だ。
市販品としては高額なものばかりで、(日清のインスタントは除くにせよ)流石に麺自体は、実に美味い。
此処で、カレースープだ。
旨味風味は各種工夫がなされている模様で、此れは確かに美味い。スープとしての旨味を味わえるものには違いなかろう。
しかし、あくまでも「カレー」と云う観点で捉えた場合が問題だ。
実に率直に云える事は、飽くまでも
「カレー粉風味のカレー」でしかない、
と云う事に尽きる。
此れでは、北海道のみならずとも以前から存在するカレー麺類の在り方から、一線を画す事は出来ないのではないだろうか。「麺類スープとしての旨味と”カレー粉”風味の融合の探求」と云った観点では、実は既にやり尽くされている様な感がある。如何であろう。

関東に於いても、カレーラーメンやカレーうどんの有名店は、麺もスープも其れこそ美味いには違いないものの、やはりカレー粉の風味でしかない。何しろ、御飯に掛けても普通にカレーライスとして頂ける場合すらある程だ。こうなってくると、カレー「ラーメン」である必然性自体が疑問点として浮上してくる。結局、何に入れようがカレー粉は、「カレー粉の風味」にしか為らないのだ。
だからこそ―カレー粉をベースにするにしても―、現在は既に、一味違った新たなカレー風味の麺スープを提示し、発信すべき時期に来ていると筆者は考える。

新しいカレー麺類のヒントは、アジア圏各種文化が混沌と融合した東南アジアのカレー的麺料理の中に、実に豊富にあると思う。そしてひとつの、興味深くも面白美味しいベクトルを示唆するのが、牛丼大手:吉野家系列のカレーうどん専門店:「千吉」の麺汁の味わいかと思う。

キーワード:カレー 、カレーラーメン。
posted by 楽団クレッセントの楽団長 at 06:26 | 東京 ☔ | Comment(0) | 図説:楽団長のカレー図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月02日

カレー製品特集:2007/07(3製品)-add1

カレー関連製品:2007年夏季。
更新履歴
org:2008/09/14
add1:2015/07/02
*「楽団長の活動日誌」記事を移転復旧-メンテナンス。


■■■1/3. 「カレー納豆」
200707_crntt_ft_web.jpg■■購入データ

【商品名】期間限定「カレー納豆」
【購入時期】2007/07/2*
【賞味期限】2007/08/13
【購入場所】大丸ピーコック
【販売価格】¥100-前後?不詳
【製造者】旭松食品株式会社
長野県飯田市

■■画像-1(右上画像)
■表記-1:三連外側パッケージ外装正面

【主要表記・右上から】
期間限定 / きわだつおいしさ!!スパイシー //カレー納豆
【左上製造者ロゴ】
●(ロゴ) 旭松(R)
【左下赤円内】
ブラック ペッパー入り カレーたれ 付き
【下部・左から】
超小粒 40g×3 旭松食品株式会社 賞味期限 07.08.13 …

□表記-2:三連外側パッケージ外装側面(画像無し)
【画像無し】
『「納豆いち」のおいしい理由』
・「氷温熟成」
「納豆いち」は氷温帯(-2℃〜0℃)でじっくり熟成させて うまみ、甘味を引き出しました。
・「旬感パック」
納豆の新鮮な水分を保つ新容器ですので、いつでもあけた時が旬です。
・原材料名
…〔添付たれ〕…、カレー粉、…
・製造者
旭松食品株式会社
長野県飯田市駄科…

200707_crntt_sd_web.jpg■■画像-2(右画像)
【画像説明】
製品1/3個別パッケージ外観
■表記
【中央左上-緑色円内表記】
納豆いち  

200707_crntt_ftup_web.jpg■■画像-3(右画像)
【画像説明】
上記画像-2の左下側面枠内表記拡大図
■表記
【枠内】
「ブラックペッパーの 風味がカレーの 旨さをひきたてる!!」

200707_crntt_inweb.jpg■■画像-4(右画像)
【画像説明】
パッケージ内添付たれ図
■表記
【中央赤枠内】
納豆のたれ

■■内容
【記事】
驚愕の納豆製品:2006年の北海道「スープカレー納豆」に続く「カレー納豆」類?。
驚いた事に、こちらは長野県産。
味わいの印象は北海道「スープカレー納豆」と大差無い、と云う事の他は忘却。

思い返せば、「スープカレー納豆」、全然「スープ」ではない。
此れはあくまでも、北海道スープカレーに因んだ、スープカレー「風味」と解釈すべきか。

「カレー納豆」類の特徴〜傾向としては、納豆本体はあくまでも一般的に云う処の「納豆」であって、たれに於いて、濃度の濃いペースト状の「カレー風味のたれ」が添付されている事。
カレー風味の大豆を納豆化させても面白い様にも思われたのだが、カレーの持つスパイスの殺菌効果で、納豆菌が繁殖しないのかも?云々、考えてしまった筆者である。
如何なのだろう?

素人発想しか出来かねる筆者であった。
20070726_crjaja_ft_web.jpg■■■2/3. 「伽哩(かりー)味ジャージャー麺」
■■購入データ
【商品名】「カレー味ジャージャー麺」
【購入時期】2007/07/26
【賞味期限】2007/07/26
【購入場所】大丸ピーコック
【販売価格】¥368-
【製造者】大丸ピーコック店舗

■■画像-1(右上画像)
【画像説明】商品パッケージ正面全体図
20070726_crjaja_upft_web.jpg■■画像-2(右画像)
【画像説明】画像-1の主要部拡大図
■表記(パッケージ蓋貼付物)
【左部/縦状黄色帯】
伽哩(かりー)味ジャージャー麺
(右赤色部)ジャガイモと挽き肉を使ったカレー味の肉みそソース
【中央上部/赤色楕円】
広告の品
【中央下部/長方形商品表示物】
添加物等は裏面に記載
消費期限19.07.26 製造年月日19.07.26
(販売価格)368

■■内容
【記事】
見つけた瞬間の愉快さと云ったら、弁当〜お惣菜コーナーに於いては此れ以上に無い類のものだろう。
ニュアンス的には「中華風キーマカレー on 中華麺」が適当か。
中々悪くなく、2〜3度買い求めた記憶もあるのだが、残念ながら本夏2008年は、「伽哩味」無しの単なる「ジャージャー麺」しか販売していない。
不人気だった事によるものか?
20070725_crmys_ft_web.jpg■■■3/3. 「簡単もやしおかず」1分クッキング〔カレー味〕
■■購入データ
【商品名】「簡単もやしおかず」
【購入時期】2007/07/2*
【賞味期限】2007/07/28
【購入場所】大丸ピーコック
【販売価格】¥100-程度、不詳
【製造者】富士食品工業株式会社 日光工場
栃木県日光市針貝…

■■画像-1(右上画像)
【画像説明】商品パッケージ正面全体図
■表記-1:外袋表面
【中央上部】
赤円内)簡単もやしおかず
(下段)1分クッキング
(楕円黄色枠内)カレー味
【下部】
もやし(栃木県産)
にんじん(千葉県産)
ピーマン(宮崎県産)
加工日 07.7.25
消費期限 07.7.28
□表記-2:外袋裏面主要表記(画像無し)
・とってもカンタン調理
@フライパンを熱して油を引きます。
A野菜を入れ、強火で1分弱炒め、同封の「もやし炒めの素」を加えて、よくからめたら出来上がり。
※炒めの素はお好みにより量を調節してご使用ください。
Point! おいしく炒めるコツ 強火で1分くらいさっと炒める
・おいしい「黒まめもやし」を使用。
・(商品表示)名称:カット野菜(加熱調理用)/簡単もやしおかず(カレー味)

20070725_crmys_in_web.jpg■■画像-2(右画像)
【画像説明】同封調味料部分をパッケージ上から拡大撮影
■表記
【上部帯状模様内】
もやし炒めの素
(黄色楕円枠内)カレー味
【下部】
作り方
@フライパンを熱し、油を引き野菜を強火でさっと炒めます。
Aこの調味料を混ぜて出来上がり!
※お好みにより量を調節して下さい。

■■内容
【記事】
「もやしメインのミックス炒め野菜 with カレー味の炒めたれ」と云ったところ。
調理〜賞味に関するメモが発掘出来ず、記憶も無い。
夏向けの、面白い商品だと思う。

本夏2008年は売り場で見かけていない。
商品の行方は、如何なっているのだろう?

キーワード:カレー
posted by 楽団クレッセントの楽団長 at 11:20 | 東京 ☁ | Comment(0) | 図説:楽団長のカレー図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月18日

カレーおにぎり類>2008/07:「九穀米と七種の豆カレーおにぎり」-add1

素晴らしく風味豊かなカレーおにぎりとの邂逅。2008年カレーおにぎり紀行-第1弾。
更新履歴
org:2008/07/16
add1:2015/06/18
*「楽団長の活動日誌」記事を移転復旧-メンテナンス。


■■1/1. 九穀米と七種の豆カレーおにぎり
080714_9kokumamecr_oni_web.jpg商品データ
【商品名】「九穀米と七種の豆カレーおにぎり」
【購入時期】2008/07/14
【賞味期限】同上
【購入場所】大丸ピーコック
【販売価格】¥128-
【製造者】株式会社 ジャンボリア
横浜市保土ヶ谷区峰沢町

表面表記
【中央貼付物内】
九穀米と / 七種の豆カレー
□おにぎり
レッドキドニー/グレートノーザン/クランベリービーン/ガルバンゾー/
レンズ豆/マローファットビース/大豆

■裏面表記抜粋
【画像無し】
原材料名 発芽玄米と八穀ごはん【うるち米、炊飯用穀類(発芽玄米、もちきび、もちあわ、黒米、大麦、アマランサス、赤米、キヌア、とうもろこし)…】
7種豆のカレーソース…

内容
【外 装】
三日月状の商品表示シールが何とも素敵だ。
そして、見た事も無い豆類が列挙されている。

【記 事】
此れは美味しい。
コンビニならぬスーパーマーケットに、まさか斯様に凝ったカレーおにぎりが売られていようとは。
筆者の此れまで出遭ったカレーおにぎりの中では、此れを凌駕するものは無い。
しかも美味しい。

カルダモン的風味の効いた鮮烈な香り、キーマカレー状の豆カレー具。
そしてモチモチ、パラパラ?、キビキビ?した穀類ごはん。
此れらの粒々的要素が相まり、口の中で渾然としつつ、豊かなカレー風味として食感と共に味わえるところが、本製品を非常にユニークたらしめる。
冷やのまま頂いた筆者であるが、それでこの満足度。
ほんの少し温めると、各々の、そしてカレーの風味が活き、別の美味しさが出現するのではないか?
云々、余韻に浸る筆者であった。

其れにしても、豆や雑穀類は何とも美味しく、カレー風味に合うことか。
お店のカレーにも、こんなカレーがあっても好いのではないか。
ヘルシー志向云々のベクトルではあるのだが、そんな事すら如何でも好くなる、素材の活きた味わいに出逢いたいものである。

キーワード:カレー、カレーおにぎり。
posted by 楽団クレッセントの楽団長 at 04:13 | 東京 🌁 | Comment(0) | 図説:楽団長のカレー図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月16日

カレーパン類>2008/07:木村屋「タンドリーチキン風ドーナツ」/神戸屋「チキンカレーパイ」-add1

飽和状態かと思いきや、進化の留まる事の知らないカレーパン類、2008年紀行-第1弾。
更新履歴
org:2008/07/16
add1:2015/06/16
*「楽団長の活動日誌」記事を移転復旧-メンテナンス。

■■1/2. タンドリーチキン風ドーナツ
080714_tcd_crpan_web.jpg商品データ
【商品名】Ginza Grill「タンドリーチキン風ドーナツ」
【購入時期】2008/07/14
【賞味期限】同上
【購入場所】大丸ピーコック
【販売価格】¥120-
【製造者】株式会社 木村屋總本店
東京都中央区銀座

表面表記
【左上緑色枠内】
伝統が生きる / 銀座木村屋
Delicatessen Bread
Ginza Grill
タンドリーチキン風ドーナツ
GINZA KIMURAYA
【上記枠下】
温めるとさらに美味しく召し上がれます
タンドリーチキンに使用する香辛料を / 参考にしたスパイスとココナッツパウダーで /
エスニック風味に仕上げた / キーマカレーフィリングを包みました
【右下赤色円状枠内】
温めて / おいしい
温める目安 / 500W…
以下省略
【下部中央白枠内】
賞味期限…以下省略

080715_tcd_crpan_in_web.jpg内容
【記 事】
遂にタンドリーチキンにまで手を伸ばしたカレーパンの世界。
かと思いきや、内容的には解説に在るように、「タンドリーチキン風の調味を施したキーマカレーフィリング」との事で、温めても同社インド風カレーパンと異なる風味が際立つ訳でもなく、一般的カレーパンの範疇を超越するものでもない。
此処で、ジューシー且つ風味豊かなタンドリーチキンが噛み締められれば感動モノであろうが、一般的調理パン市販流通品の限界であろうか。

■■2/2. チキンカレーパイ
商品データ
080714_ccrpie_crpan_web.jpg【商品名】EUROPEAN EXCEED「チキンカレーパイ」
【購入時期】2008/07/14
【賞味期限】2008/07/15
【購入場所】大丸ピーコック
【販売価格】忘却、¥120-程度。
【製造者】株式会社 神戸屋
大阪市東淀川区豊新

表面表記
【中央貼付物内】
ヨーロピアン エクシード / EUROPEAN EXCEED
チキンカレーパイ
スパイシーなカレーと蒸し鶏を組合 / わせ、食べやすい形状に焼き上げた /
パイです。

内容
【記 事】
此れは、中々美味しい。
チキンカレーパンならぬチキンカレー「パイ」。
ポロポロこぼれ落ちながらもサクリとしたパイならではの食感、そしてフィリングのカレーとの組合せが絶妙とも云える好感触。ドーナツパンや焼きパンのカレーパンとは一線を画す、自家製パン屋さん的味わいが流通市販品で頂ける。
もしや、既に流通済みの商品形態かも知れぬが、筆者にとっては、カレーパン類の新たな美味しさの発見となった。

キーワード:カレー、カレーパン。
posted by 楽団クレッセントの楽団長 at 09:21 | 東京 🌁 | Comment(0) | 図説:楽団長のカレー図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。